あんてなトレンディ

個人的に気になったニュースやなどを解説しています。

コインランドリー

ライフハック

コインランドリーが流行っているらしい!

コインランドリー、便利ですよね。

かくいう僕も、自宅から徒歩2分のところにあるコインランドリーで、週末に一週間分の服をまとめて洗っています。

ものぐさな僕は、洗濯物を干すのがどうしても面倒なんですよね。

その点、一気に乾燥まで出来てしまうコインランドリーには非常に助けられています。

コインを何枚か入れて無造作に置いてある漫画や週刊誌を読んでいればいつのまにか終わっていますしね。

(ところであの週刊誌は誰が持ってきているのかいつも謎です。古いものが多いですし。。)

何よりあのレトロな「昭和感」が僕はたまらなく好きなのです。

さて、そんな便利なコインランドリーなのですが、現在とても増えている、というニュースを見ました。

増えるコインランドリー=共働き世帯がまとめ洗い―「エーゲ海」風の店も
時事通信 7月9日(土)7時0分配信

厚生労働省の調査によると、2013年度のコインランドリーは1万6693店舗となり、10年間で約4000店舗増えた。毎年500店舗以上が新たにオープンしており、現在は約1万8000店舗が営業しているとみられる。

一体どうしてなのでしょうか?




共働きの夫婦がコインランドリーでまとめ洗いをしているらしい

時事通信の記事によると、共働きで平日に家事をする時間があまり取れない家庭などが、週末にまとめてコインランドリーを使う機会が増えているそうです。

…ちなみに僕自身は残念なことに独身なのですが、コインランドリーの楽さ・便利さは骨身に染みてわかっているので納得です。

独身の僕ですらそうなので、確かに共働きで、さらに小さなお子さんがいたりしたら、毎日洗濯をするのも大変だと思います。

僕はもう週末にコインランドリーに行くという生活を10年ほど続けているのですが、まさかこんな時代が来るとは感慨深いです…。

コインランドリーにもIT化の波が及んでいる?

また、上記のようなライフスタイルの変化の他に、コインランドリー自体がIT化し、お洒落で清潔になった、ということも理由として挙げられています。

例えば、5月にオープンしたエコラックスランドリー葛西店では、スウェーデンのメーカーである。エレクトロラックスの機器を導入したそうです。

HPを見る限り、さすがIKEAなどを輩出したスウェーデン製、というスタイリッシュなデザインですね。

確かにこういうコインランドリーだったら、女性一人でも入りやすそうですし、毎週使いたくなりますね!

まとめ

以上の通り、コインランドリーが流行っているという理由をご紹介しました。

ただ、繰り返しになりますが、僕個人としては、あの古臭くてレトロで、むっとしたタバコの匂いが漂うところが嫌いじゃなかったりするので、紹介したようなお洒落なコインランドリーばかりになってしまってはちょっと悲しいですね…。

でも確かに僕が通っているところで、女性客(特に若い女性)を見かけたことはほとんどないので、そういった方々の潜在的な需要を喚起するためには店内を清潔でお洒落に見せる、というのは正しい戦略のような気もします。

ちなみにこれは豆知識ですが、アメリカなんかでは一人暮らしの人の多くはコインランドリーを使うみたいですよ。

普段は家で洗濯派の方も、是非今度利用してみください。




-ライフハック